マインドフル・セルフ・コンパッション-MSC

msc

Mindful Self-Compassion (MSC®)

マインドフル・セルフ・コンパッション (MSC®)

「セルフ・コンパッション」とは、「大切な友人を思いやるように、自分自身の痛みや苦しみに寄り添う」こと。セルフ・コンパッションの度合いが高い人ほど、不安や抑うつが低い傾向にあり、心理的幸福感や人生に対する満足度が高く、対人関係も良好であることが知られています。セルフ・コンパッションのスキルを身につけることで、日々の生きづらさが軽減し、自分自身をポジティブにサポートする力がつきます。他者と自分を比較したときに感じる劣等感や焦燥感も緩和され、周囲の他者とより友好な関係を築くことができるでしょう。

<プログラム>

マインドフル・セルフ・コンパッション(Mindful Self-Compassion; 以下、MSC®)は、実証的研究によって裏付けられた8週間のトレーニングプログラムです。「いま、ここ」に注意を向ける「マインドフルネス」をベースに、優しさと慈しみを持って自分自身と向き合う「セルフ・コンパッション」のスキルを身に付けることができます。週1回(各2時間45分)のグループセッションおよび1回の半日リトリートに参加するだけでなく、毎日30分程度のホームプラクティスが推奨されます。
クリスティン・ネフ博士(発達心理学者/テキサス州立大学 http://self-compassion.org )とクリストファー・ガーマー博士(心理療法家/ハーバード大学 https://chrisgermer.com )によって2010年に開発されたこのプログラムは、さまざまな言語に翻訳され、世界中で多くの人に受講されています。
Center for Mindful Self-Compassionのウェブサイトはこちら:https://centerformsc.org

<スケジュール>

※只今、開催を見合わせております。

<お申し込み>

開催を休止しております。
再開する場合は、こちらにお申し込みボタンが表示されます。