マインドフルネスとは

About Mindfulnless

マインドフルネスとは、意識的に現在の瞬間に、そして瞬間瞬間に展開する体験に判断を加えず注意を払うことです。

正確にはマインドフルネスストレス低減法といい、心理学的治療の一つです。今米国の多くの心理学教室にはマインドフルネスセンターがあり、仕事、家庭、経済に関するストレスを抱えた人、慢性疼痛の患者、不安症やパニック障害の患者、過敏性腸症候群の人、不眠や疲労に悩む人、高血圧症や頭痛患者、そしてうつ病の回復期の人が数週間から数か月間のプログラムに通っています。
また、マインドフルネスはうつや不安症の医学的治療効果だけでなく、健常人の生活の質を高める作用もあります。

世界各国の教育現場において、生徒の心の健康を高めるためにマインドフルネスがすでに用いられ、教師はこのスキルを習得しています。
ビジネスシーンにおいては、アメリカの優良企業では当然のようにマインドフルネスを研修で取り入れていますが、この流れはすでに日本にも入ってきており、社員のメンタルヘルス対策として、モチベーション、集中力、創造性、記憶力、生産性などの向上や改善のために、人材フォローの一環としてこのマインドフルネスを取り入れる企業が多くなってきました。

では、マインドフルネスではいったいどのように実践するのでしょうか?

現代精神医学事典(弘文堂2011)から引用

1979年にジョン・カバットジンによりマサチューセッツ大学医学部にストレス低減プログラムとして創始された瞑想とヨーガを基本とした治療法。慢性疼痛、心身症、摂食障害、不安障害、感情障害などが対象となる。ジョン・カバットジンは鈴木大拙の禅に影響を受け、仏教を宗教としてではなく人間の悩みを解決するための精神科学としてとらえ、医療に取り入れた。その基本的考えは、煩悩からの解脱と静謐な心を求める座禅に軌を一にしている。マインドフルネスの語義は”注意を集中する”である。一瞬一瞬の呼吸や体感に意識を集中し、”ただ存在すること”を実践し、”今に生きる”ことのトレーニングを実践する。これにより自己受容、的確な判断、およびセルフコントロールが可能となる。マインドフルネスは認知行動療法に取り入れられ脚光を浴びるようになった。しかし、認知行動療法は認知の変容を目指すのに対して、マインドフルネスは認知のとらわれからの解放を誘導する。

ヨーガや禅の有用なエッセンスを体系的にまとめ上げ、最適化されたトレーニング法がマインドフルネスであり、ジョン・カバットジンによるMBSR(マインドフルネスストレス低減法)を基本とし、メディテーションやボディースキャン、ヨーガ、シェアリングなどを用い、自己を注意深く観察し、思考と現実の間を感じながら実践していきます。

頭の疲れやストレスは、主に他人や自己への評価、後悔、不安を反芻し考えることで、頭のリソースを使い切ってしまうことによる、といわれています。マイナス要因を繰り返し思考することのない状態に自分をおき、一歩離れたところから、全体を俯瞰し客観視するトレーニングを行うことこそ、自分自身が本来持つ能力を発揮できる状態となるのです。

ニュートラルな状態を保つには、毎日のマインドフルネス・セルフトレーニングが重要となります。但し、人間の偏りがちな考え方が、セルフトレーニングにも起こり得るため、研鑽を積んだ講師指導のもと定期的な実践の継続が重要となります。

MBSRとは

「マインドフルネスストレス低減法」としてジョン・カバットジンによって創始された治療プログラムは、ヨーガとメディテーション(瞑想)で構成された8週間のプログラムです。本来、マインドフルネスのレッスンは、MBSR(マインドフルネスストレス低減法)が基本です。MBSRについての詳細へ

東京マインドフルネスセンター設立について

赤坂クリニックでは、この最新の精神医学「マインドフルネス」を実践できる場所として「東京マインドフルネスセンター」を2013年6月に開設しました。東京マインドフルネスセンターは主に一般の方対象として、ストレス耐性の向上や感情のコントロール、記憶力や発想力の向上など生活の質を高めていく場として活動しています。心理学的治療ヨーガとメディテーションを基本としたプログラムを実践しています。みなさんの心や脳に関係するトレーニングですから、研鑽を積んだ講師のもとで実践されることをお勧めします。
うつや不安症の医学的治療では、赤坂クリニックが実施しているマインドフルネス・プログラム・ショートケアがあり、赤坂クリニック以外に通院中の方でも、自立支援を受けて参加いただくことができます。詳しくはこちらをご参照ください。