Q&A

MSCとMBSRの違いについて

<MSC>
マインドフルネスをベースに、セルフ・コンパッションを醸成するためのプログラムです。
自己批判の傾向が顕著な人、自分で自分の存在に価値を感じられず苦しい人にお勧めします。
瞑想やインフォーマルなプラクティスを多数行いますが、プログラム初回、第2回は、それ以降の回と比べて講義の割合が多くなります。
講師養成トレーニング受講には複数の前提条件があります 8週間のMSCのクラスはそのうちの一要件を満たします。米国とカナダのMSCの講師養成プログラムはCenter for Mindfulness https://centerformsc.org によって統括されており、カリフォルニア大学サンディエゴ校と共同で運営されています。講師養成過程の日本語の説明のリンクはこちらです。 https://mindfulheartcenter.com/msc-certification-program-at-ucsd/

<MBSR>
マインドフルネス(一瞬、一瞬に立ち上がる身体的感覚、感情、及び思考に判断せずに気づきを向けること)をベースに日常のストレス反応を認識し、より建設的な方法でストレスに対応をするためのトレーニングです。瞑想、ヨーガのポーズやボディスキャンの実践を行い、クラスではMSCと同様に参加者間でのディ スカッションや、グループシェアの要素を多く含みます。
米国のMBSRの講師養成過程の主なプログラムにはマサチューセッツ大学医学部・ブラウン大学の共同プログラム(https://www.brown.edu/public-health/mindfulness/learn-more/mbsr-teacher-training-and-development)とカリフォルニア大学サンディエゴ校のプログラムがあります。後者のプログラムの日本語の説明はこのリンクをご覧ください。 https://mindfulheartcenter.com/mbsr-certification-program-at-ucsd/
MBSRの8週間のクラスはMBSR講師養成の必要なステップです。

Categories: MBSR, MSC

足などの調子が悪い方のために、スタジオには椅子が常備されておりますので、そちらを使用してご参加いただくことができます。 椅子にお座りいただく場合は、皆さんが講師を見ながら実践ができるよう最後列でご参加ください。 またプログラム内容によって、一緒に実践することが難しい場合は、ご自身の判断で休憩されていても構いません。ご不安な場合は、お気軽に講師までご相談ください。

講師の男女を問わず、男性でも女性でもご参加頂くことができます。

MBSRは、アメリカのセンターオブマインドフルネスが指定した体系的にまとめられたプログラムに準じた内容でトレーニングを一定期間行うクラスです。 通常のマインドフルネスクラスは、MBSRのエッセンスを用いてトレーニングを行います。 MBSRのようにスケジュールされたものではありません。 初心者の方にマインドフルネスを知っていただくこと、またはマインドフルネスのセルフトレーニングの一助として、自己流となってしまうことを防ぐために、任意の間隔にてご参加していただくクラスとなります。

はい、できます。途中で体調がよくなくなった場合は休憩していただいても大丈夫です。
ヨーガ、メディテーションは1日2回同じ内容になりますか?
ヨーガは午前と午後では内容は異なります。メディテーションは午前と午後で内容は異なることもありますし同様のこともあります。ヨーガもメディテーションも継続して続けていくことが大切なことになりますので、同じ内容であったとしても、その時、感じること、体験は異なると思います。

MBSRは、アメリカのセンターオブマインドフルネスが指定した体系的にまとめられたプログラムに準じた内容でトレーニングを一定期間行うクラスです。

通常のマインドフルネスクラスは、MBSRのエッセンスを用いてトレーニングを行います。
MBSRのようにスケジュールされたものではありません。
初心者の方にマインドフルネスを知っていただくこと、またはマインドフルネスのセルフトレーニングの一助として、自己流となってしまうことを防ぐために、任意の間隔にてご参加していただくクラスとなります。

Load More