けん玉

今、私達のセンターではけん玉がひそかなブームになっています。
実はセンターを今の場所に移動した頃から、
貝谷理事長に「けん玉やろーけん玉やろー」といわれていました。
昨年はマインドフルネスを毎日実践することで精一杯だったこともあり後回しになっていました。

IMG_3109

我が家のけん玉

しかし、最近、数名の方が貝谷先生のすすめもあったようで、
マインドフルネスプログラムの前に自前のけん玉を持ってきて毎日
「カンコン、カンコン」とけん玉を練習している姿を見るようになりました。

そして、参加者の方からは
「けん玉をしてからマインドフルネスした方が眠くならないし、集中できます。」
「けん玉している時は集中していて他のこと考えられないからいいですね。」
などなど、いろいろ良いご意見をいただいています。

ちなみに、私自身は3兄弟(姉、弟)で争うようにけん玉を練習した時期がありました。
特に弟と争うように練習したのをよく覚えていますが…。
(関係ありませんが、弟は器用で私より上手です。そして、彼はのび太君のような側面があって、編み物やあやとりが尋常でないレベルでうまいのが私の弟の特徴です。)
そんなわけで、私自身は素人ながら意外とけん玉できるのですが
センター参加者の皆様も毎日のように練習しているとかなり上手になっています。
もう私より上手い方もいるのでは?

さて、そんなけん玉ですが、素晴らしい効果があります。

「集中力を高める」、「脳が活性化する」

→前頭前野を活発にすることができます。
そして、けん玉は身体も使いますし、空間認知能力も使います。そして、集中していないとできません。
難しい技ができれば自己効力感も上がります。
意外と上達するので続けやすいものです。

先日、NHKでけん玉名人のニュースが流れていました。
ビックリしたのは、技ももちろんすごいなあと思いましたが一番驚いたのは姿勢でした。
どんな技でも自分のスペースをしっかりと作ってけん玉をしていました。
動きも滑らかでダンスをしているような印象でした。
滑らかで余計な力が入っていないでゆったりと余裕があります。
一流の人はすごいですね。

ということで今後、
センターでもけん玉もとり入れてみたいと思います!

長谷川洋介